養成講座(大阪)

鳥獣管理士養成講座(大阪)

 

概要

 鳥獣管理士養成講座(大阪)は、座学による4日間の集中講義によって、鳥獣管理の知識と技術を基本から一部専門的な内容まで幅広くあつかう学習プログラムです。大学教員、国の試験研究機関、シンクタンクなどで活躍する、経験豊富な講師陣が、懇切丁寧に解説します。

 この講座は、鳥獣管理士を目指す西日本の皆様を対象に、大阪で開講しています。先行して開講してきた東京講座では、専門学校や大学・大学院生、行政機関やコンサルタント会社の職員研修としても利用いただき、請求書や受講証明の発行にも対応しています。

 この講座を修了すると、鳥獣管理CPD30単位が取得でき、鳥獣管理士(3級)の受験資格が得られます。

 

令和元年度 日程 

 令和元年度鳥獣管理士養成講座(大阪)は、①9月14日、15日および、②10月19日、20日に行われます。会場は大阪ECO動物海洋専門学校(大阪市西区新町1-32-1)です。


講座
日  時
内  容
担当講師
① 
9/14(土)
鳥獣管理の背景と調査 髙橋 俊守(宇都宮大学教授)
10:00-18:00
鳥獣管理学(サル) 望月 翔太(福島大学准教授)
鳥獣管理学(アライグマ・ハクビシン 川道 美枝子(関西野生生物研究所代表)
9/15(日)
鳥獣管理学(カラス) 杉田 昭栄(宇都宮大学名誉教授)
9:00-16:00
対策と実践 興膳 健太(猪鹿庁代表)
10/19(土)
鳥獣管理学(シカ) 濱﨑 伸一郎(野生生物保護管理事務所代表取締役社長)
10:00-18:00
鳥獣管理学(クマ) 大井 徹(石川県立大学教授)
  動物生態学 辻 大和(京都大学霊長類研究所助教)
10/20(日)
鳥獣管理学(イノシシ) 仲谷 淳(農研機構中央農業研究センター)
9:00-16:00
行政と制度 浅田 正彦(合同会社AMAC 代表)


 ※ 諸事情により、一部ないし全部の講座を取りやめることがあります。また、会場や講師の都合により、内容が変更になる場合があります。


 

プログラムpdfファイルはこちら 

 

    (pdfファイルが開きます)



受講申込み

 ◆受講申込み

  以下のボタンからお進み下さい


 

     

 

鳥獣管理士養成講座のご相談

 一般社団法人鳥獣管理技術協会では、全国各地で実施されている研修会との連携ないし、鳥獣管理士養成講座の実施を希望される自治体、NPO団体等の相談を随時受け付けています。詳しくはJWMS事務局までお問い合わせ下さい。