養成講座(東京)

鳥獣管理士養成講座(東京)



概要

 鳥獣管理士養成講座(東京)は、座学による4日間の集中講義によって、鳥獣管理の知識と技術を基本から一部専門的な内容まで幅広くあつかう学習プログラムです。大学教員、国の試験研究機関、行政機関OB、NPO法人など、経験豊富な講師陣が、懇切丁寧に解説します。

 この講座は、鳥獣管理士を目指す全国の皆様からの要望を受け、比較的通学しやすい東京で開講しています。これまでに、専門学校や大学・大学院生、行政機関やコンサルタント会社の職員研修としても利用いただき、請求書や受講証明の発行にも対応しています。

 この講座を修了すると、鳥獣管理CPD30単位が取得でき、鳥獣管理士(3級)の受験資格が得られます。

 

令和元年度 日程

 昨年度実施内容を紹介しています。

 

講座

日  時

内  容

担当講師

 

9/21(土)


10:00-18:00

鳥獣管理の背景

髙橋 俊守(宇都宮大学教授)

鳥獣管理の行政と制度

浅田 正彦(AMAC代表

動物生態学

三浦 慎悟(元早稲田大学教授)

9/22(日)


9:00-16:00


鳥獣管理学(シカ)

小金澤 正昭(宇都宮大学名誉教授

対話と連携

森 良(NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表)

鳥獣管理学(カラス)

杉田 昭栄(宇都宮大学名誉教授)

11/9(土)


10:00-18:00

鳥獣管理学(サル)

望月 翔太(福島大学准教授)

鳥獣管理学(カワウ)

山本 麻希(長岡技術科学大学准教授)

鳥獣管理学(クマ)

小池 伸介(東京農工大学准教授)

11/10(日)


9:00-16:00

鳥獣管理学(外来動物)

羽山 伸一(日本獣医生命科学大学教授)

鳥獣管理学(イノシシ)

仲谷 淳(農研機構中央農業研究センター)



鳥獣管理士養成講座のご相談

 一般社団法人鳥獣管理技術協会では、全国各地で実施されている研修会との連携ないし、鳥獣管理士養成講座の実施を希望される自治体、NPO団体等の相談を随時受け付けています。詳しくはJWMS事務局までお問い合わせ下さい。