指導者研修会

JWMS鳥獣管理指導者研修会について

 一般社団法人鳥獣管理技術協会では、鳥獣管理指導者を目指す方を対象に、実際の現場で役立つ知識と技術を提供することを目的とした「JWMS鳥獣管理技術研修会」を開催しています。講師には、鳥獣管理の現場第一線で活躍する方をお招きしています。

 この研修会は、「鳥獣管理士養成講座」と同様に、受講いただくと「鳥獣管理CPD単位」が獲得でき、獲得した単位数に応じて鳥獣管理士資格認定試験の受験資格が得られます。 

 

人家周辺のイノシシ捕獲と鳥獣対策の実際

 

 

 近年、イノシシが農耕地のみならず、人家周辺や都市域にも出没するようになり、農作物や人身被害が各地で生じています。イノシシ対策には、守るべき田畑や人間の生活空間への侵入を防止するための柵の設置、人家周辺でのイノシシの餌資源の低減、生息地となる藪の刈り払いなどの環境管理が効果的です。

 一方では、農耕地や人家周辺への出没を繰り返す習性を持ったイノシシを捕獲することも求められます。この研修会では、栃木県猟友会の協力を得て、特に農耕地や人家周辺に出没するイノシシを捕獲するための実際の方法について学習します。

主 催:一般社団法人鳥獣管理技術協会
共 催:栃木県猟友会
協 力:とちぎ鳥獣管理士協会、宇都宮市鳥獣被害対策協議会

 

日 時:平成26年10月19日(日) 10:00~16:00

場 所:宇都宮市(講義:ホテルニューイタヤ、現地:宇都宮市横山町)
定 員:20名

参加費:一般 6,000円 学生 3,000円(昼食・保険料込み)

鳥獣管理CPD認定プログラム (5単位)

 

第1部 イノシシ被害防止の知識(会場:ホテルニューイタヤ)

 

10:00 イノシシ被害と鳥獣管理士の活動(鳥獣管理技術協会事務局長 高橋 俊守)
10:30 地元からの要請とイノシシ捕獲への協力(栃木県猟友会事務局長 谷澤 弥)
11:00 イノシシの捕獲と防護、集落環境整備(1級鳥獣管理士 吉澤 清)
12:30 昼食
13:15 現地へ移動(各自車ないし公共バス利用)


第2部 イノシシ捕獲の実技(会場:宇都宮市横山町)


13:45 イノシシの獣道と捕獲わな(箱わな・くくりわな)設置の実際

            講師:篠原 甫 ・ 小平 俊雄(栃木県猟友会)
15:45 総括
16:00 現地解散

 

※レクリエーション傷害保険にご加入いただきます。
※この研修会の参加にあたって狩猟免許の所持は必要ありませんが、実際にイノシシを捕獲するには狩猟免許が必要になります。
※希望者には会場にて平成26年度版狩猟読本(大日本猟友会発行)を販売します(700円)。

 

 

(参考)下野新聞 平成26年6月30日