鳥獣管理士資格制度について

 全国各地で人と野生鳥獣の軋轢が大きな問題となり、課題を解決するための知識・技術や経験を有した人材の活躍が待たれています。一般社団法人鳥獣管理技術協会では、農作物被害、生態系被害、生活安全など、人と野生鳥獣の軋轢に関する地域課題の解決を担う人材の技術的能力を認証することを目的とした、「鳥獣管理士※1」資格制度を設けています。

 鳥獣管理士資格には、修得した知識・技術や現場経験のレベルに応じて、1級から3級の資格級が設定されています。

 資格試験は、大学等で鳥獣管理の専門的な教育を受けた方または鳥獣管理CPD単位を取得した方※2を対象に実施しています。これまでに、公務員(国、県、市町や試験研究機関職員、非常勤職員)、一般、大学院生等がこの資格を取得しています※3

 鳥獣管理士資格制度は、環境省による鳥獣保護管理に係る人材登録事業と連携しています。鳥獣管理士(1級、準1級)は、登録時の知見審査(小論文)が免除になります。環境省のページをご覧下さい。

 鳥獣管理士資格制度の概要について、日本農業新聞にJWMS事務局長が寄稿しています(平成30年1月掲載)。記事の内容はこちらからご覧いただけます。

 

※1 「鳥獣管理士」は、商標として登録されています(平成23年11月4日商標権設定登録第5448373号)。

※2 JWMS認定プログラムを受講する学生や卒業生、鳥獣管理CPD単位を取得して受験資格を獲得された方が該当します。

※3 認定実績 427名(現在の登録者数 422名) 登録者内訳 1級(8名)準1級(43名)2級(100名)3級(271名)、男性 302名 女性 120名




令和2年度 鳥獣管理士資格認定試験について


 今年度の試験は、新型コロナウイルスによる感染防止対策のため、オンラインを主として、試験会場における筆記試験(1級及び準1級)を組み合わせて実施いたします。昨年度までと違って、出願する資格級によって、日程及び実施方法が異なりますので、ご注意ください。


 令和2年度 試験日程


1級受験者

小論文(試験会場) 令和3年1月9日(土)13時から

面接(オンライン) 令和3年1月23日(日)10時から

※試験会場は、原則として札幌、東京、大阪に設置する予定です。

※面接は、小論文の合格者を対象に、オンラインにて実施します。


準1級受験者

筆記(試験会場) 令和3年1月9日(土)13時から

※試験会場は、原則として札幌、東京、大阪に設置する予定です。

※新規または3級認定者が準1級を受験する場合には、択一(オンライン)もあわせて受験する必要があります。


2級・3級受験者

択一(オンライン) 令和3年1月10日(日)13時から



 今年度の出願は締め切りました。



 (pdfファイルが開きます)


   令和2年度鳥獣管理士資格認定試験のご案内(pdfファイル)


 

受験資格について

 鳥獣管理士資格認定試験を受験するには、1級から3級までそれぞれの資格級に対応する受験資格を得ていることが条件となります。受験資格は、JWMS認定プログラム制度または、鳥獣管理CPD制度に基づいて、資格級に対応して定められた受験資格を満たしているか、書類審査によって一般社団法人鳥獣管理技術協会が判定します。

 

受験資格判定の流れ

 



はじめて受験される方



 

  • 受験資格を満たせば準1級から3級を受験することができます。
  • JWMS認定プログラムⅠまたはⅡの受講者または修了者は、学校機関が発行する単位認定書類によって受験資格を判定します。
  • 鳥獣管理CPD制度にご参加下さい。令和2年11月末日までのCPD登録内容が、受験資格判定の対象となります。

鳥獣管理士で昇級試験の方

 

  • 受験資格を満たせばすべての級を受験することができます。
  • 鳥獣管理CPD制度にご参加下さい。令和2年11月末日までのCPD登録内容が、受験資格判定の対象となります。

 

 

令和2年度の受験資格の条件

 

受験級

種別

受験資格の条件

1

昇級

1級を取得してから2年以上の実務経験を有し、CPD240単位以上取得した者

1

昇級

2級を取得してからCPD60単位以上取得した者

新規

CPD150単位以上取得した者(受験年度を含む過去3カ年間に取得した単位有効)

JWMS認定プログラムの修了者(受験年度を含む過去3カ年間に取得した単位有効)

2

昇級

3級を取得してからCPD60単位以上取得した者

新規

CPD90単位以上取得した者(受験年度を含む過去2カ年間に取得した単位有効)

 

JWMS認定プログラムⅠを受講中で、指定科目の中から10単位以上を履修済みの者

JWMS認定プログラムの修了者(受験年度を含む過去3カ年間に取得した単位有効)

3

新規

CPD30単位以上取得した者(受験年度を含む過去2カ年間に取得した単位有効)

認定プログラムⅠ・Ⅱを受講中で、指定科目の中から4単位以上を履修済みの者


 

 

試験の内容について

 令和2年度の各受験級に対応した試験内容は以下のとおりです。なお、共通問題及び専門問題に合格するには、7割以上の正答が必要です。また、合格した場合にのみ、鳥獣管理士資格を認定します。



令和2年度の試験内容


受験級

種別

時間

試験内容

方法

日程

1級

昇級

60

20

⼩論⽂

⾯接

書類審査

試験会場

オンライン

 

1/9

1/23


準1級

昇級

60

記述問題 2

書類審査

試験会場

 

1/9


新規

60

共通問題

(動物⽣態学、⿃獣管理学、社会と制度 各 15 問程度)

専門問題

(シカ、イノシシ、クマ、サル、⿃類、⼩型哺乳類・外来種 各 15 問程度から 3 分野選択)

記述問題  2

書類審査

オンライン

 

 

オンライン

 

 

試験会場

 

1/10

 

 

1/10

 

 

1/9


2級

昇級

30

専⾨問題

(シカ、イノシシ、クマ、サル、⿃類、⼩型哺乳類・外来種 各 15 問程度から 3 分野選択)

書類審査

オンライン


 

 

1/10




新規

60

共通問題

(動物⽣態学、⿃獣管理学、社会と制度 各 15 問程度)

専⾨問題

 (シカ、イノシシ、クマ、サル、⿃類、⼩型哺乳類・外来種 各 15 問程度から 3 分野選択)

書類審査

オンライン

 

 

オンライン




1/10

 

 

1/10




3級

新規

30

共通問題

(動物⽣態学、⿃獣管理学、社会と制度 各 15 問程度)

書類審査

オンライン




1/10




※試験時間は、あくまで目安として示したもので、注意事項等の確認時間を含みます。 


  • オンライン試験は自宅等で受験いただけます。小論文や記述問題(1級、準1級対象)の試験会場は、原則として札幌、東京、大阪に設置する予定です。面接は、小論文の合格者を対象に、オンラインにて実施します。
  • 3級認定者が準1級を受験する場合には、専門問題(オンライン)もあわせて受験する必要があります。
  • 書類審査では、JWMSに登録されているCPD単位や、JWMS認定プログラム実施校の成績証明書等をもとに、受験資格の判定が行われます。
  • 今後の新型コロナウイルス感染症対策による見直し等により、試験時間は変更する場合があります。


受験料


 受験料は以下のとおりです。試験の出願受理後に請求書を送付します。

 

令和2年度の受験料


受験級

種別

受験料(税込み)

1

昇級

17,000

1

昇級

12,000

 

新規

24,000

2

昇級

10,000

 

新規

15,000

3

新規

 7,000